デキストリンダイエット

HOME > デキストリンはなぜダイエットに使われるの?

デキストリンはなぜダイエットに使われるの?

デキストリンはダイエットによく使われますが、その理由は食物繊維だからです。難消化性デキストリンのデキストリンはデンプンの一種で、デンプンを分解して難消化性成分だけを取り出したものになります。難消化性成分というのは、食物繊維のことを指しています。難消化性デキストリンはほぼ食物繊維のみで、特定保健用食品として厚生労働書から許可されているものです。デキストリンがダイエットに使われるのは、摂取することで、糖質、脂質の吸収スピードを緩めてくれ、腸の調子を整えてくれるからです。また、内臓脂肪を低下させる働きがあり、ミネラル成分の吸収を高めくれます。こうした働きは、食物繊維が本来もつ効果ですが、中でも、糖質、脂質の吸収スピードを緩める働きは、ダイエットに効果的です。食前にデキストリンを含む食べ物を摂取すると、糖質の過剰摂取を防ぐことができます。デキストリンには、腸の調子を整える作用もあるので、便秘解消の効果もあります。内臓脂肪を低下させる働きもあるので、定期的に摂取することで体質改善を図ることができます。急激な血糖値の上昇を防いでくれるので、中性脂肪が体内に蓄積されにくくなる効果もあります。

    ベジライフ

PAGE TOP